4月 UZRランキング

【2019年4月1週】UZR(守備指標)ランキング 

2019年UZRランキング

この記事を書いた人:てぃー(運営者)

開幕直後のUZRは各ゾーンのアウト率や安打価値が安定していないため、
振れ幅が大きく、あくまでも参考程度となります。

4月第1週終了時点でのUZR(守備指標)ランキングをまとめました。
まだまだ守備イニング数は70イニング前後となってまして、
数値が安定していない状態です。

その中で、あなたの気になる選手はどのあたりに位置してるでしょうか?
イニング数が少なければ守備機会にも当然差がでてきますので、
数値は実力値ではなく「参考程度」となってきます。
それを踏まえた上でデータを見てもらえれば・・と思います。

また、データに関してはデルタ社が運営している
1point02 Essence of Baseball
を参考にしています。

5分程度で読める内容となってますので、
少々おつきあいお願いします。

ちなみに「UZR(守備指標)」ってなに・・?というかたは、
守備を「指標」で評価ができる「UZR」とは?理解すると野球の楽しみが2倍に!
で詳しく解説してますので、ぜひ見てみてください。

UZR(守備指標)とは?2018年ランキング
守備を「指標」で評価ができる「UZR」とは?理解すると野球の楽しみが2倍に!※2018年UZRランキング含む最近よく見かける「UZR」とはいったい何を意味する指標でしょうか? この指標を理解することによって、守備を客観的に「数値」で評価ができるようになります。 UZRは平均的な同じ守備位置の野手と比較して、「どれだけチームの失点を防いだか」という指標になっています。...

ファーストUZR(守備指標)ランキング:内川選手・ビシエド選手がトップの位置

ファーストUZR(守備指標)ランキング

この時期にUZRの数値を語ってもしょうがないのですが・・・
とりあえず内川選手とビシエド選手、
UZR数値としては好スタートを切っています。

2018年トップだった山川選手や井上選手は現状0付近ですね。
また来週には大きくメンバーの順位も入れ替わっているかと思います。

スポンサーリンク





セカンドUZR(守備指標)ランキング:浅村選手が好発進!

セカンドUZR(守備指標)ランキング

浅村選手の好発進が目立ちます。
昨年トップの菊池選手や山田選手は現状0付近です。

個人的に2019年の注目は巨人の吉川選手
昨年は守備イニング数が少ないながらも、
トップクラスのUZR7.5を記録しています。

フルで出場した場合、
どんな数字を残すか楽しみですね〜。

ショートUZR(守備指標)ランキング:田中選手・茂木選手が好スタート!

ショートUZR(守備指標)ランキング

昨年ゴールデングラブ賞の広島田中選手が1位に位置しています。

2位の茂木選手、昨年のUZR数値は悲惨でした。
2019年開幕して1週間ちょっとの時点では良い位置に。
どこまでキープできるか楽しみです。

昨年オールスター以降大爆発だった源田選手も良い位置にいます。
まぁ、まだまだ数日間で数値は大きく振れるので、
参考程度に見ておいてください。

サードUZR(守備指標)ランキング:いつもながら松田選手がトップ

サードUZR(守備指標)ランキング

イニングが少ない開幕投手ぐらいは松田選手以外に期待・・・
と思ったのですが、
この時点で松田選手がすでにトップの位置に。

2018年も断トツでトップでして、
誰かここに割って入れる選手はいないものか・・と思うんですけどね。

【2018年サード】UZR(守備指標)ランキング 確定版2018年確定版「サード」のUZRランキングです。トップはソフトバンクの松田選手が「UZR全ての項目」でトップとなっています。規定以下では日ハム横尾選手が悪くありませんね。あくまでも「参考の参考程度」ではありますけど・・・...

レフトUZR(守備指標)ランキング:バレンティン選手が以外にもトップに

レフトUZR(守備指標)ランキング

開幕当初で参考値・・とはいえ、
バレンティン選手が現状トップということに少し驚きです(笑)

僕はヤクルトの試合を見ていなかったのでわかりませんが、
開幕直後なので守備も集中してる・・ということでしょうか。
それともたまたま良い守備機会に恵まれたのか。

前者であれば、シーズン通して守備にも集中して欲しいものですが(苦笑)
まぁ、まだまだ参考値程度ですけどね。

しかしどこまでバレンティン選手がこの数値で留まっていられるか、
ちょっと注目していきたいですね〜。

センターUZR(守備指標)ランキング:西浦選手(オリックス)がトップ

センターUZR(守備指標)ランキング

オリックスの西浦選手が現状はトップです。

試合見ていてちょっと気になるのは日ハムの西川選手ですかね〜。
現状UZRはー1.9となってます。
が、数値どうこうよりも・・なんだか動きがあまりよくないような・・・

まぁ、花粉症で集中できないということと、
仙台で行われた楽天戦は非常に寒かったので、
そういったことも少なからず影響があったとは思いますけどね。

数値はみんなここから大きく振れてくるので気にする必要はないでしょう。

ライトUZR(守備指標)ランキング:平田選手がトップの位置に

ライトUZR(守備指標)ランキング

昨年もトップクラスの数値を残していた平田選手が現状トップです。

辰己選手の2018年UZRが−3.9となってますが、
これは誤りです。すいません。

キャッチャーUZR(守備指標)ランキング:小林選手がトップも横一線

キャッチャーUZR(守備指標)ランキング

本来捕手はUZR評価の対象外ですが、
デルタ社では影響範囲が明らかな部分のみ対象として算出しています。

影響範囲が明らかな部分とは・・・

  • 盗塁阻止 ※catcher指標
  • 捕逸 ※catcher指標
  • 併殺獲得能力 ※DPR
  • 失策防止の能力 ※ErrR

この部分ですね。
開幕直後なのでまだまだなんとも言えず、
横一線の模様です。

2018年UZR(守備指標)ランキングの確定版

参考として、2018年のUZR確定版のリンクをこちらに貼っておきます。

まとめ

まだまだ開幕当初ということで、
UZRの数値はあてになりません。

しかし、ここから数値が1年通してどう動いていくのか・・・
というのは楽しみな部分です。

ファイターズドットコムでは毎週日曜日〜月曜日にUZRを記事を更新して、
今年も追っかけていく予定です。

ちなみにUZR(守備指標)はセイバーメトリクスの指標のひとつです。
「セイバーメトリクス」ってなに?という方には、
セイバーメトリクスとは?「指標」と「統計データ」で野球の楽しみを広げるで詳しく解説しています。

セイバーメトリクスとは?「指標」と「統計データ」で野球の楽しみを広げるセイバーメトリクスには野球の楽しみを広げる指標が無数にあります。今回はこの無数の指標から、「理解しておくと楽しめる指標」をまとめてみました。指標が多すぎてどれを見れば良いのかわからない・・など思っている方におすすめです。...
理解しておきたい指標などまとめてありますので、
ぜひどうぞ。

ABOUT ME
てぃー
てぃー
物心がついた時から日本ハムファイターズのファン。 札幌移転を機に日ハムを追っかけて札幌へ6年ほど移住し、 福住周辺に住み込む。 詳細はこちらをどうぞ。 現在は埼玉県在住30代。 ネパールで野球を広めるNPO法人ラリグラスの会理事として活動中。

コメントを残す