最初に読んでほしい記事はこちら
2018年UZR確定【遊撃手】

【2018年ショート】UZR(守備指標)ランキング 確定版

こんにちは。
デルタ社が公開しているUZR(守備指標)をずっと追っている
てぃ(@th0m0m)です。

2018年のペナントレースが終了しましたので、
ショートのUZRランキング詳細をまとめました。

「UZR」ってなんだろう?という人は、
守備を「指標」で評価ができる「UZR」とは?理解すると野球の楽しみが2倍に!
で詳しく解説しています。

守備を「指標」で評価ができる「UZR」とは?理解すると野球の楽しみが2倍に!最近よく見かける「UZR」とはいったい何を意味する指標でしょうか? この指標を理解することによって、守備を客観的に「数値」で評価ができるようになります。 UZRは平均的な同じ守備位置の野手と比較して、「どれだけチームの失点を防いだか」という指標になっています。...

この記事ではこんなことをまとめています。

  1. 2018年ショートのUZRランキング
  2. ショートUZRの詳細内訳
  3. 異次元の数値を叩き出す源田選手について

ショートについては・・・
とにかく「源田選手」につきますね~。
前半戦終了までは横一線だったんですが、
後半戦に入ってからは毎日のように上がり続ける源田選手のUZR数値。

このあたりを中心に詳しく見ていきたいと思います。
だいたい5分程度で読める内容となってますので、
少々おつきあいお願いします。

2018年ショートUZR(守備指標)は源田選手が断トツでトップ

UZR遊撃手

もう表を見ただけで源田選手の飛びぬけ具合がわかりますね。
何が凄いかと言うと・・・

UZRは「相対評価」です。
12球団の平均レベルは「0」となるように調整されています。

ショートは各チーム「守備の名手」を配置してきますので、
数値に差がつきにくいと考えられます。
また、2位の坂本選手と3位の安達選手は「超」がつくほど守備の名手です。

その2人にこれだけ差をつけての1位・・というのは非常に価値がある数値だと思います。

その源田選手の強みはなんでしょうか?
詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク





2018年ショートUZRの詳細:源田選手のRngR(守備範囲)に注目

  • DPR (併殺貢献)・・併殺が期待される状況で、どれだけ併殺を完成させたかを計る指標
  • RngR(守備範囲)・・守備範囲の広さを表す指標
  • ErrR(失策防止)・・平均的な失策発生状況と比較し、「どれだけ失策を犯したか」ということから貢献度を計った指標

源田選手の最大の強みは「とにかく広い守備範囲」ですね。
守備範囲を示すRngRの数値は1人だけ異次元の数値。

見ていても特に「二遊間側の守備範囲」がやたら広く感じるんですよね。
下の動画はパ・リーグTVです。

源田選手はまだプロ入り2年目で25歳。
まだまだショートとしての活躍が望めますね~。
個人的には、歴代最強クラスの守備じゃないかと思ってます。
今後も注目ですよ。

【UZR】RngR(守備範囲)2位の日ハム中島選手にも注目

UZRの順位では5位となってますが、
RngR(守備範囲)で2位の日ハム中島選手にも注目です。

併殺貢献のDPRと失策防止のErrRこそ平均以下となってしまったものの、
広い守備範囲は健在です。
肩はそこまで強くない・・と言われつつも、
守備範囲では12球団トップクラス(源田選手には及びませんが)の数値を叩き出しています

派手さが無いので、中島選手の守備は語られることが少ない気がしますが、
もっと注目されても良いと思うんですけどね。

年齢は27歳ということで、
どこまでこの守備範囲をキープできるかが注目されます。
日ハムファンとしては、そろそろ中島選手の後釜が気になるところ・・・
結構高い壁ですよ、これは。

【UZR】今宮選手(2017年GG賞)は苦戦中・・・

2017年ショートでゴールデングラブ賞を受賞した今宮選手は苦戦中です。

今宮選手のUZRはずっと低空飛行なんですよね。
どうしたんでしょうか。
ちなみにUZR詳細はこうなっています。

こう見ると守備範囲(RngR)に関しては12球団平均以上をキープしています。
目立つのはDPR(併殺貢献)とErrR(失策防止)の数値の悪さ
そもそも今宮選手は毎年DPR(併殺貢献)の数値が悪いんですよね・・

  • 2014年・・DPR-3.6
  • 2015年・・DPR-2.2
  • 2016年・・DPR-3.4
  • 2017年・・DPR-0.9
  • 2018年・・DPR-4.6

毎年マイナスの数値を記録。
併殺の動きが苦手なんでしょうか。
肩は強いので、併殺は有利に働きそうなものですが・・・

2018年ショートUZR上位6名の推移

後半戦の源田選手のUZR推移に注目です。

前半戦終了時までは横一線の模様でした・・
が、後半戦に突入してから源田選手の数値上昇が止まりません

安達選手は一時期よりも数値を落としての着地になりました。
疲労などもあったかもしれませんね。

坂本選手は一時期故障で離脱していましたが、
復帰してからは数値をしっかり伸ばしています。
コンディションは万全ではないと思いますが、さすがですね~。

京田選手も後半は数値を伸ばしてきています。
逆にヤクルトの西浦選手は6月時点では上位にいたんですけどね。
後半は一時期UZRマイナスまで突入するなど、
いまひとつ安定しない結果となりました。

「源田壮亮ドットコム」を開設しました

僕自身は昔からの日ハムファンですが、
源田選手の守備にすっかり魅せられてしまいました(笑)
そして、源田選手の「守備」に特化したブログ「源田壮亮ドットコム」を作ってみました

源田壮亮ドットコム
※「ファイターズドットコム」の姉妹サイトとなります

「源田壮亮ドットコム」では源田選手の守備指標を徹底的に追っていき、
分析をしていく予定です。
もしよかったら見てみてください。

スポンサーリンク





まとめ

まとめますと・・・

  • とにかく源田選手のUZR数値が異次元
  • 源田選手の最大の強みは広い守備範囲
  • 源田選手の今後に注目

とにかくショートは源田選手につきますね(笑)

他ポジションの2018年UZR確定版は▽こちらからどうぞ。

ちなみに、UZRはセイバーメトリクスの指標のひとつです。
「セイバーメトリクス」ってなに?という方には、
こちらで詳しく解説しています。

理解しておきたい指標などまとめてありますので、
ぜひどうぞ。

コメントを残す