8月UZRランキング

【2018年8月2週】UZR(守備指標)ランキング。日ハム近藤選手がトップに

こんにちは。
デルタ社が公表しているUZR(守備指標)を毎週追っている
てぃー(@th0m0m)です。

プロ野球も各チーム残り試合が大体40試合前後でしょうか。
終わりが見えてきましたね~。

今週はUZR(守備指標)ランキングも結構動きがありました。
まずはレフトですが・・・
日ハム近藤選手がレフトで1位に浮上しています。
ただ・・・
これは西武の金子選手が規定守備イニングに未達となっているのが大きいんですよね。

そして、セカンドでも動きがありまして・・・
広島の菊池選手がセカンドで1位となっています。
今まで断トツで巨人の吉川選手が1位をキープしていましたが、
2か月前から菊池選手のUZR、ずっと上昇の一途でした。

ここにきて、ついに1位に。

と・・・
色々と動きがあった1週間となりましたので、しっかりと見ていきたいと思います。
だいたい5分程度で読める記事となっていますので、
少々おつきあいお願いします。

ちなみに、UZR(守備指標)ってなんだろう
という方はこちらで詳しく解説しています。

ファーストUZR(守備指標)ランキング:井上選手が順調


ファーストのUZRはロッテ井上選手がずっと安定してトップをキープしていますね~。
数値もここにきて伸ばしてきています。

そして銀次選手にも注目した方が良いかもしれません。
7月末に規定に達してからはUZRの数値をずっと伸ばしてきています。

UZRは性質上守備イニング数が多いほど数値が高くなる傾向があるため、
純粋に守備力を比較したいときはUZR1000でも見たりします。

このUZR1000でも銀次選手は井上選手に急接近。
目が離せなくなってきました。
ちなみに日ハム中田選手は数値を落としています。

スポンサーリンク





セカンドUZR(守備指標)ランキング:菊池選手が上昇中


前回のUZRランキングでも取り上げましたが、
菊池選手のUZR(守備指標)数値の上昇がとまりません(笑)

これ、凄いですよね。
UZRの数値は当然守備機会にも左右されるので、
守備が上手い選手でも数値の上昇は止まったりしますし、
時には下げることもあります。

ただし、菊池選手は2ヶ月以上も上昇しっぱなしですね。
守備イニング数が多いため、
守備イニング数を揃えて比較するUZR1000では吉川選手がトップとなっていますが、
差は確実に縮まっています。
こっちも抜くかなぁ・・・

ショートUZR(守備指標)ランキング:源田選手が数値を更に伸ばす


ショートは後半戦に入ってから源田選手が大きく数値を伸ばしています。

ショートは特性上、各チーム守備が上手い選手を配置すると思います。
UZRは12球団の平均が0になるように調整されています。

そうすると当然・・・
周りのレベルが高ければ数値に差がつきにくくなってくると思うのですが、
その中でも源田選手は断トツでトップに君臨していますね。

過去記事では源田選手の守備動画を貼ってありますので、
興味がある人はこちらからどうぞ。

源田選手のバケモノっぷりは素晴らしい。

サードUZR(守備指標)ランキング:松田選手がトップを維持する


サードは松田選手が常にトップであまり動きがありません。
地味にレアード選手が数値を下げてきており、
0付近まできてしまいました。

見ていると、
レアード選手は結構浮き沈みがあるんですよね。
上がるときは一気に上がってくるのですが、
1度下がってくると、しばらく下がりっぱなしです。
打撃も結構ムラがありますが、
守備もムラがあるのかな・・・

レフトUZR(守備指標)ランキング:日ハム近藤選手がトップに!


さて、レフトは日ハム近藤選手が規定守備イニングに到達したため、
レフトで断トツトップに浮上しましたね。

近藤選手の守備動画を貼っておきます。
見たい人は1分程度の動画ですのでどうぞ。

ただし・・・
規定守備イニング到達者の中では断トツトップですが、
実は規定以下の選手も含めると上位に2名いるんです。

西武の金子選手と楽天の島内選手ですね。
せっかくなので、もう少し数値の詳細を確認しておきましょう。

近藤選手、さすがに守備範囲を示すRngRはこの2人にかなり差をつけられていますね。
見てても時々怪しい時がありますからね(笑)

注目なのが、送球貢献を示すARMの数値。
こちらは近藤選手が素晴らしい数値を叩き出しています。

  • ARM (送球貢献)・・捕殺数だけでなく、走者の進塁をどれだけ抑止したかを計る指標
  • DPR (併殺貢献)・・併殺が期待される状況で、どれだけ併殺を完成させたかを計る指標
  • RngR(守備範囲)・・守備範囲の広さを表す指標
  • ErrR(失策防止)・・平均的な失策発生状況と比較し、「どれだけ失策を犯したか」ということから貢献度を計った指標

少し古い動画になりますが、
近藤選手の好返球動画がありましたので貼っておきます。
2016年のプレーですね。

日ハムファンであればおなじみですが、
近藤選手は肩が強く、野手としては送球も安定しているイメージです。
捕手時代後半はイップスで、バント処理すら危うい感じでしたけど。

僕も捕手をしている時期にイップスを経験していますが、
あれ・・難しいんですよね。
マウンドまですらまともに返球できなくなってしまうんですよ。
まぁ、この話はまた別の機会にでも。

センターUZR(守備指標)ランキング:丸選手が数値を落とす


センターは丸選手が数値を落としていますね。
一時期はセンターでトップクラスの数値となっていましたが、
現在は大島選手がトップに君臨しています。
その次に桑原選手が猛追・・という図。

この2人が頭1つ抜けている感じです。

ライトUZR(守備指標)ランキング:上林選手が数値を伸ばしてトップに


ライトは大田選手が怪我で欠場中。
上林選手が数値を伸ばしてトップとなっていますね。
それ以外は特に動きはありません。

まとめ

まとめますと・・・

  • レフトは日ハム近藤選手が規定到達者で断トツで1位に!
  • セカンドは菊池選手が吉川選手を抜き、UZR1位に浮上
  • ショートは源田選手が引き続き数値を伸ばす

個人的には日ハム近藤選手がどこまで数値を伸ばせるか・・・
注目したいところですね!