9月UZRランキング

【2018年9月4週】UZRランキング。源田選手のひとり旅

こんにちは。
デルタ社が公開しているUZR(守備指標)ランキングを毎週追っている
てぃー(@th0m0m)です。

「UZR(守備指標)」ってなに・・?というかたは、
守備を「指標」で評価ができる「UZR」とは?理解すると野球の楽しみが2倍に!
で詳しく解説してますので、ぜひ見てみてください。

あわせて読みたい
守備を「指標」で評価ができる「UZR」とは?理解すると野球の楽しみが2倍に!最近よく見かける「UZR」とはいったい何を意味する指標でしょうか? この指標を理解することによって、守備を客観的に「数値」で評価ができるようになります。 UZRは平均的な同じ守備位置の野手と比較して、「どれだけチームの失点を防いだか」という指標になっています。...

さて、シーズンも残り10何試合となってきています。
守備指標であるUZRも一部のポジションを除き、
大勢決してきたかなぁ・・・と感じます。

それにしてもやはり飛びぬけて凄いのが西武でショートを守り続ける源田選手。
このブログでは結構源田選手を取り上げるのですが、
相変わらず凄い数値をたたき続けています。

2018年9月22日終了時点

源田 壮亮・・UZR28.8
坂本 勇人・・UZR9.5
安達 了一・・UZR9.0

この「UZR28.8」というのも凄いのですが、
何より凄いのが「UZRは各ポジションでの相対評価」ということ。

坂本選手と安達選手はセ・パを代表するトップクラスの名手です。
「その2人とのUZR(守備指標)の差」がこれだけ開いていることに驚きなんです。

このあたりも含めて今週もUZRを見ていきたいと思います・
5分少々で読める内容となってますので、
おつきあいよろしくお願いします。

ファーストUZR(守備指標)ランキング:山川選手が一歩抜け出す


ファーストは大混戦でしたが、西武の山川選手が一歩抜け出しました。
ただし、守備イニング数を揃えて評価する「UZR1000」では4人横一線。
※UZRは守備イニング数が多いほど数値が高くなる傾向

2018年に関して上位5人は守備力はほとんど変わらない・・
ということでしょうかね。
ゴールデングラブ賞は面白いことになりそうですね。
しかし、この上位5人は全員パ・リーグなのか。
セ・リーグは誰が選出されるんでしょうか。
パ・リーグもどうでしょう・・

ゴールデングラブ賞は記者投票なのでイメージが先行するのですが・・
難しいですねぇ。
シーズン終わったら速攻で予想記事書きたいと思います。

スポンサーリンク





セカンドUZR(守備指標)ランキング:山田・浅村選手が差を詰める


菊池選手のトップは変わりませんが、
山田選手・浅村選手が差を詰めてきています。
残り試合少ないのですが、
展開によっては山田選手、ひっくり返すチャンスありますね~。

ショートUZR(守備指標)ランキング:源田選手のひとり旅


ショートは相変わらず源田選手の独走です。一人旅状態ですね。
冒頭でも触れましたが、
何より凄いのが「UZRは各ポジションでの相対評価」ということ。

セ・パのショート名手「坂本選手・安達選手」をこれだけ引き離してのトップ・・
というところに大きな価値がありますね。

しかも単年だけではなく、2017年と2018年の2年連続。

プロ野球ファンは源田選手の守備にもっと注目した方がいいですよ~。
他球団のファンでも、
球場まで源田選手の守備を見に行く価値はありますね。

サードUZR(守備指標)ランキング:松田選手で確定か


サードは松田選手が断トツトップ。
これはもうトップ確定でしょう。
一時期は混戦でしたが、
数値を下げずに順調に加算していった松田選手。
もう誰も追いつけませんね。

レフトUZR(守備指標)ランキング:規定以上では近藤選手がトップ


先週と同様に「規定以上」では近藤選手がトップです。
上には隠れて島内選手と金子選手がおります。

危なっかしいときがありながらも、
本職ではないポジションで高数値を叩き出す近藤選手。
やはり野球センスの塊だなぁ・・と思います。

センターUZR(守備指標)ランキング:大島選手がトップをキープ


センターは大島選手と桑原選手の争いですが、
大島選手のUZR数値がなかなか下がってこないんですよね~。

ゴールデングラブ賞受賞者が多いセンターですが、
その中でも抜けたUZR数値を出しているのが素晴らしいですね。

ライトUZR(守備指標)ランキング:大田選手が僅かに差をつめるが・・


ライトはやや大田選手が差を縮めましたが、
トップにはとどかないかなぁ~・・

UZR1000ではトップの大田選手。
なので、守備イニング数が足りないので上位2人に追いつけない・・という状況。
やはり故障離脱はもったいなかった・・・

スポンサーリンク





まとめ

まとめますと・・

  • 源田選手の守備はもっと騒がれても良い
  • サードは松田選手が断トツトップでほぼ確定か

いや~、個人的には源田選手が凄すぎてすっかりファンになってしまいましたよ。
既に源田選手の守備は話題になってきていますが、
もっともっと注目されても良いと思います。

さすがに記者投票とは言えゴールデングラブ賞とれる・・
と思いますがどうでしょうか。

ちなみにUZR(守備指標)はセイバーメトリクスの指標のひとつです。
「セイバーメトリクス」ってなに?という方には、
セイバーメトリクスとは?「指標」と「統計データ」で野球の楽しみを広げるで詳しく解説しています。

あわせて読みたい
セイバーメトリクスとは?「指標」と「統計データ」で野球の楽しみを広げるセイバーメトリクスには野球の楽しみを広げる指標が無数にあります。今回はこの無数の指標から、「理解しておくと楽しめる指標」をまとめてみました。指標が多すぎてどれを見れば良いのかわからない・・など思っている方におすすめです。...
理解しておきたい指標などまとめてありますので、
ぜひどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です