大谷投手を完全分析

際立つ大谷投手の修正力と回復力。スライダーが安定して大きな武器に。

5月14日、大谷投手は7回途中1失点(11奪三振,被安打3,与四球2)の好投。
しかし、後続が打たれ勝ち負けは付かず。

みっち
みっち
・・・・

↑大谷投手が降板した後に中継ぎが打たれて機嫌が悪い

てぃー
てぃー
まぁまぁ。投手の評価は勝ち負けだけじゃないんだから、勝ちがつかなくてもチームが勝てばいいんだよ。
みっち
みっち
でもいやなんだけど
てぃー
てぃー
それはともかく、今回も前回登板と同様にスライダーが安定してたね。

前回登板の記事はこちらからどうぞ。

あわせて読みたい
低めに決まった大谷投手のスライダー。味方したシアトルの気候セーフコ・フィールドの特徴 左中間が深く、右打者は苦戦する春先は湿った空気でボールが重くなり、長打が出にくい傾向毎年のように「ヒットが...
みっち
みっち
でもたしかに大谷くん、最近安心して見てられるね
てぃー
てぃー
スライダーが決まれば打者はストレートに差し込まれ、スプリットも振るようになるから試合を支配していけるね。余裕がでてくるから緩いカーブも投げられる。
みっち
みっち
良い循環ってことね
てぃー
てぃー
そうだね。しかし大谷投手の本当の凄さはこの修正力だよね。バッティングもそうだけど・・
みっち
みっち
二刀流論争は終わらないね
てぃー
てぃー
しかし、日本時代より凄みを増してきたな・・まずは今日の投球を振り返ってみようか。

凄みを増す大谷投手の修正力

スライダーの安定性

前回登板はシアトルの湿った気候もあり投げやすいされてきましたが、
今回は本拠地に戻りエンゼル・スタジアム。
注目を握るのはスライダーでしたが、見事にコントロールしていました。
際立ったのが、スライダーのボール率です。

・4月登板:スライダーのボール率→33.8%
・5/7:スライダーのボール率→28.6%
5/14:スライダーのボール率→20.0%

全てストライクゾーンに入れれば良いというわけではありませんが、
スライダーをしっかりコントロールできていることは伝わってきます。
そして、いつも日ハムの吉井コーチはこうコメントしています。

吉井コーチ
吉井コーチ
変化球はとにかく低めに。ストレートは大胆に。

大谷投手のスライダーはこの日どうだったでしょうか。

・4月登板:スライダーの低め率→41.3%
・5/7:スライダーの低め率→71.4%
・5/14:スライダーの低め率→64.0%

5月に入ってから、しっかりとスライダーを低めに集めることができています
このスライダーが決まることで打者はストレート一本に絞れなくなり、
投手優位に試合を進めていけますね。

大谷投手の球種割合

この日(5/14)の球種割合は下記の通りです。

前回登板から比較するとカーブ・スプリットの割合が増え、ストレートの割合が減りました
大谷投手のストレートは現在被打率が非常に高いので、
変化球でストライクを取れているのであればこういう形は一つの理想でしょう。
変化球を多く見せて、ストレートでカウントが取れれば良しです。
このストレートに差し込まれれば、スプリットも効いてくるという好循環です。

大谷選手の最大の武器はこの修正力と回復力

バッティングでもフォームを変更後に即結果を出し、周りを驚かせていますが、
このスライダーの修正力も凄い
こんなに早くスライダーを修正できるとは正直思っていませんでした(笑)
もちろん今後もこれを継続できるかどうかはわかりませんが・・

そしてついつい忘れがちなのが、大谷選手の回復力も最大の武器でしょう。

大きな長所はその「回復力」。僕は彼の大きな長所のひとつに「体力」があると思う
投手と野手の両方を同時にこなすには、コンディション管理が重要なのは言うまでもないが、そもそも人並外れた体力がなければ、実現はできない。

引用元:吉井理人 コーチング論

吉井コーチが著書でこう述べています。
大谷選手の最大の武器のひとつは「回復力」
平然とこなしているので見ている側はついつい忘れがちですが、
この回復力(体力)は驚異ですよね。
ただし、それと同時に体力は加齢とともに確実に落ちてきます。
その体力が落ちてきたときが、どちらか一方に専念する時ではないでしょうか。

もうひとつ吉井コーチが著書でこう述べています。

大谷は日本でも夏場には疲れがでていた。体がしぼんでいるように見えたこともある
涼しい北海道で、ドーム球場が本拠地でもそうなのだから、メジャーではコンディション調整がより難しくなるだろう。

引用元:吉井理人 コーチング論

この疲労が出てきたとき、どのようにコンディションを整えていくのか注目したいところです。
怪我だけはしないでほしいですね。
しかし、この吉井コーチの本は素晴らしいと思います。
ブログを読んでいくれてる方はお気づきかと思いますが、
すでに僕の教科書になっています(笑)

まとめ:際立つ大谷投手の修正力。スライダーが安定して大きな武器に。

まとめ

  • 前回登板と同様にスライダーが低めに制球できている
  • そのためストレートでもカウントが取れて好循環
  • これを実現できる修正力と回復力が最大の武器

課題もありますが、目に見えて一歩づつ前進してくれているので、
こちらとしては見ごたえがありますよね。
短い期間でも日ハムに在籍してくれてたのが本当にありがたいなぁ・・と今更ながら思います。

あ、ちなみに吉井コーチのこの本オススメです。
今度レビュー記事書きますね。
日ハムに関して僕たちからは見えない部分を書いてくれてるのでありがたい・・・

ABOUT ME
てぃー
てぃー
物心がついた時から日本ハムファイターズのファン。 札幌移転を機に日ハムを追っかけて札幌へ6年ほど移住し、 福住周辺に住み込む。 詳細はこちらをどうぞ。 現在は埼玉県在住30代。 ネパールで野球を広めるNPO法人ラリグラスの会理事として活動中。