最初に読んでほしい記事はこちら
7月UZRランキング

【2018年前半戦終了】UZR(守備指標)ランキング

こんにちは、前半戦が終了したのでデータをまとめています。
てぃー(@th0m0m)です。

それにしても・・・
このUZR(守備指標)はまだまだ世間ではマイナーな部類に入るかもしませんが、
徐々に知名度が上がり、注目されてきているのを感じますね~。
当ブログでUZR(守備指標)を取り上げ始めたのが6月の最初のあたり。
徐々に検索してきてくれている人が増えております。

この記事を見にきてくれているあなたも、
UZR(守備指標)のランキング等が気になったので来てくれているのだと思います。
ありがとうございます。
しっかりとお役に立てる記事を書いてますので、
見ていってくださいね。

もしくは、UZR(守備指標)ってなんだっけ?と思っていただけたのかもしれません。
もし後者であれば、こちらの記事でUZR(守備指標)の意味や内容を詳しく書いているので
見てみてください。

UZR(守備指標)は数年後ぐらいに、
現在のOPSぐらいまで知名度が上がる可能性はあると思います。
今のうちにしっかりと内容を抑えていれば、
ちょっと自慢できるかもしれません(笑)

なお、UZRのデータに関してはデルタ社が公開しているものを使用しています

さて、本題に入ります。
ペナントレースも前半戦が終了しましたので、
前回UZR(守備指標)の記事を書いてからそこまで試合数は消化されていませんが、
いつも通り全ポジションランキング形式でまとめました。
今回いくつか変更点があります。

変更点

  1. 昨年の数値と比較できるように、2017年UZR(守備指標)の数値も載せました。
  2. 横に長いと見にくいため、UZR1000の過去は表示をしないようにしました。

さっそく各ポジションごとに結果を見ていきましょう。

ファーストUZR(守備指標)ランキング:井上選手が順調に数値を伸ばす


ファーストは守備位置の特性上あまり大きく数値の上下は無いのですが、
ロッテ井上選手が順調に数値を上げていますね。
中田選手も前回数値を上げてからそのまま維持となっています。

セカンドUZR(守備指標)ランキング:ロッテ中村選手の数値が跳ね上がる


セカンドはロッテ中村選手の数値が跳ね上がってますね?
好プレーでも連発したのでしょうか?
それにしてもこの上がり具合はちょっとびっくりです。
問題は、この数値が上昇したあとですね。
地力があれば維持⇒上昇となっていきますし、
単発の好プレーであれば、数値はもどっていく傾向です。
今後に要注目ですね。

前回に引き続き一応オリックスの大城選手も表には載せています。
まだ規定守備イニング外ですが、もうじき規定に乗るはずです。

ショートUZR(守備指標)ランキング:西浦選手が数値を落とす


激戦ショートは前回とほとんど動きはありません。
ヤクルト西浦選手の数値が落ちていきましたね。

まぁ、もともとUZR(守備指標)は短期で見るものではないのですが、
それでも数値の行方を気にしてしまうものです(笑)
地力があればどのみち上がってくるので、引き続き注目して見ていきたいと思います。

サードUZR(守備指標)ランキング:外崎選手がUZR1000ではトップ


サードもほとんど動きはありません。
しかし・・レアード選手の数値が前回あたりから上がってきているため、
UZR(守備指標)争いが激戦と化してきましたね~。
松田選手が一歩リードしていますが、
外崎選手が守備イニング少ないにもかかわらず、差のない4位につけています。
※そのためUZR1000では1位です

これは全員まとめて抜いてUZR(守備指標)トップに立つ日がくるかもしれませんよ?

レフトUZR(守備指標)ランキング:金子選手に誰も追いつけない


レフトは金子選手の一強ですね。
誰も追いつけなさそうです・・・

センターUZR(守備指標)ランキング:引き続き桑原選手に注目


センターは基本的に、12球団守備力が高い選手を置く傾向があります。

そのためポジションごとの相対評価であるUZR(守備指標)は、
センターでは差が開きにくいと思われますが・・・

そんな中でも桑原選手が順調に数値を伸ばしています
肩の良さは前回とりあげましたね。強いなぁ・・・

ライトUZR(守備指標)ランキング:大田選手が再度UZR1000でトップに!


ライトはさらに数値が一線となり混沌としてきました。
UZR1000では大田選手がトップに返り咲き・・・というものの、
現在骨折で療養中。
上位2人が通常取りの守備を見せれば、
大田選手のUZR(守備指標)数値は少しおいていかれるかもしれませんね?

▼週刊ベースボールがiPadで読める▼

まとめ

前回から試合数はあまり消化されていないため、
全体的な動きはあまりありません。しいて上げるのであれば・・・

  • セカンドのロッテ中村選手の数値が跳ね上がる
  • センター桑原選手が順調に数値を伸ばす
  • サードのUZR(守備指標)争いが混沌としてきた
  • ライトのUZR(守備指標)争いも混沌としてきた

本日でオールスターも終わり、もうすぐ後半戦がはじまります。
ペナントレースの行方も注目ですが、
ここではUZR(守備指標)の推移もしっかりと見ていきたいと思います。
新聞等では取り上げませんもんね・・・

ABOUT ME
てぃー
てぃー
物心がついた時から日本ハムファイターズのファン。 札幌移転を機に日ハムを追っかけて札幌へ6年ほど移住し、 福住周辺に住み込む。 詳細はこちらをどうぞ。 現在は埼玉県在住30代。 ネパールで野球を広めるNPO法人ラリグラスの会理事として活動中。

コメントを残す