最初に読んでほしい記事はこちら
高梨 裕稔投手

高梨投手の課題は「対右打者」の被打率!球種比率と気になる若いカウントでの成績。

こんにちは、てぃー(@th0m0m)です。
データが増えてきてエクセルが重くなってきた・・・好スペックのパソコンに買い替えたいなぁ・・・

先日は有原投手をデータひっくり返して徹底的に分析していたのですが、
今回は高梨投手です。

みっち
みっち
なんで高梨くんはパッとしないわけ?!

高梨投手の2018年6月18日時点の成績

防御率はパ・リーグ規定到達者の中では11位
WHIPの数値は10位であり、そこそこの結果ではあります。
勝敗は時の運もありますし。
WHIPの指標に関してはWHIPの意味と計算方法について。知っておくと便利な投手の指標で詳しく説明しています。

てぃー
てぃー
まぁ、数字だけ見ると極端に悪いわけじゃないけど、高梨投手に対する期待値が高いからなぁ。ちょっと物足りないよね。
みっち
みっち
そう!こんな成績じゃだめっ!

そんな高梨投手はどんな投手なのか、どの部分に強みがあって、どこが弱点なのか。
データをひっくり返して見てみようと思います。

注目したいのは「対右打者」の対戦成績が悪いことです。
そして、1番気になるのが「カウント0ストライク」からの対右打者の被打率
これが非常に悪いんです。

少し長くなりますが、お付き合いください。

2018年高梨投手の球種比率

まずは高梨投手の持ち球を把握しておきたいところです。

  • ストレート・・平均球速143.2km
  • カーブ・・・・平均球速115.8km
  • スライダー・・平均球速125.1km
  • フォーク・・・平均球速132.5km

高梨投手の特徴は、やはり威力のあるストレート
この球でグイグイ押していくのが特徴的な本格派の投手ですね。

高梨投手:対右打者の球種比率

高梨投手の対右打者球種比率です。

ストレートを軸にカーブで緩急をつけ、フォークで打ち取る。
これほどわかりやすい投手はいないのではないか・・と思えるほどの本格派。
ストレートが走っている時は見ている方も気持ちが良いですよね。

高梨投手:対左打者の球種比率


基本的なスタイルは対左打者になっても変わりません。
少しストレートの比率は高くなりましたね。

さて、ここからが本題です。

スポンサーリンク





高梨投手の課題「対右打者」

高梨投手は右投げです。
通常セオリーでは左打者の方が有利と思えるところですが・・・
注目は「対右打者の被打率」です。

高梨投手の対左右打者成績 2018年6月18日時点

対左打者の被打率は0.207と良好です。
それに比べて対右打者の被打率は0.307と高い結果となっています。
いったいどの球種が打たれているのでしょうか?

高梨投手:球種別の被打率

2018年6月18日時点での高梨投手の球種別被打率です。
注目は当然「対右打者の成績」です。

フォークは対右打者でも対左打者でも素晴らしい数字です。
気になるのが投球の中心となる「対右打者のストレート被打率」
被打率が高いですね~。

投球を見ていると、カウントで狙い打ちされてる印象があったので、
「対右打者のカウント別ストレート被打率」を見てみたいと思います。
これ正直気になっていたんですよ。

高梨投手:対右打者のカウント別ストレート被打率

今日の本題はここですね!
表は2018年6月18日時点での「対右打者カウント別の被打率」です。
注目するべきは「0ストライク」からのストレート被打率

以前に有原投手はなぜ勝てないのか。2018年データをひっくり返して徹底分析.2で日ハム先発平均を見たとき、
下記のような数値でした。

カウント0ストライク時のストレート被打率

  • 日ハム先発平均・・被打率0.385
  • 有原投手・・・・・被打率0.537
  • 高梨投手・・・・・被打率0.654 ※今回のデータ

カウント0ストライクということで、被打率が全てではありませんが・・・
それにしても前に飛ばされれば7割近くの確率で安打にされているというのは、
ちょっと打たれすぎですね。

これは完全にストレート一本にヤマを張られている

と考えることができると思います。
これですね、高梨投手を見ていてなんとなく「もやもや」していたのは・・

ちなみに2ストライク時のストレート被打率は0.107と、うってかわって抜群の成績です。
これは恐らく・・

打者の頭の中に「フォーク」がチラついていてストレートにヤマを張れない

という部分が大きいのだと思います。

もちろん、追い込まれてしまうと際どいコースも手を出していかないといけない・・
という部分もありますが、それを加味しても追い込んでしまえば素晴らしい数字ですね。

なんとか若いカウントでも「的を絞らせない」ということができれば
0ストライクからの被打率も下がってくるかもしれません。

高梨投手の特徴はフライ率の高さ

もうひとつ抑えておきたい高梨投手の特徴が「フライ率の高さ」ですね。
下記表は12球団フライ率のランキングです。

規定投球回数到達者の中で12球団中6位のフライ率の高さ。
これは、ストレートに力があることの証明でもあると考えられます。
高梨投手のひとつの特徴として覚えておくと良いと思いますね。
「フライアウトが多いときは調子が良い」と考えることもできますし。

まとめ

まとめますと・・・・

  • 対右打者の被打率が悪い
  • 投球の中心であるストレートの対右打者被打率が悪い
  • カウント0ストライク時のストレート被打率が非常に悪い
  • フォークは素晴らしく、決め手は十分

それにしても、あのフォークの成績は素晴らしいですね。
これは有原投手と同じで、決め手は十分です。
やはり課題となるのは、右打者に対して追い込むまでの組み立て、投球ですね
今後はここに注目していきたいと思います。
これが改善されたとき、高梨投手は日ハムのエースの位置にいるかもしれません。

ABOUT ME
てぃー
てぃー
物心がついた時から日本ハムファイターズのファン。 札幌移転を機に日ハムを追っかけて札幌へ6年ほど移住し、 福住周辺に住み込む。 詳細はこちらをどうぞ。 現在は埼玉県在住30代。 ネパールで野球を広めるNPO法人ラリグラスの会理事として活動中。

コメントを残す