最初に読んでほしい記事はこちら
加藤 貴之投手

日ハム:4月15日(対オリックス) 加藤投手が中盤で踏ん張り切れず。落ちる直球の平均球速

みっち
みっち
か ・ と ・ う~!
てぃー
てぃー
まぁまぁ・・結果は5回と1/3で5失点だけど、何度もチャンスがあったのに点数が取れなかった打線の方が深刻かもねぇ。
みっち
みっち
そうだけどさぁ。でも6回だけ頑張ってくれれば成績の見栄えもよかったのに。
てぃー
てぃー
確かに。ただ・・球数は最終的に85球だったけど、少し疲れが見えてたかも。6回は直球の平均球速が落ちてきてたね。

4回→5回→6回と落ちてきた直球の平均球速

加藤投手の直球平均球速は137km(球場によって結構違います)と決して早くはありませんが、
このストレートを軸に押していくタイプです。

直球+シュートで約60%の比率
左の先発と言えば、日ハムファンであれば以前在籍していた武田勝氏を思い浮かべると思いますが、
だいぶタイプは違うように思えます。
※武田勝氏の直球比率は約35%~40%ぐらいでした

この試合では5回~6回に捕まってしまい、結果としては5回と1/3を5失点。
なんとかもう1イニング踏ん張ってほしかったところです。
見ていて気になったのが、4回以降平均球速がわずかながら下降気味だったところ。

球速が全てではありませんが、1~2kmとは言え平均球速が明らかに落ちてくるのは気になります。
よく吉井投手コーチがこうコメントしてます。

吉井投手コーチ
吉井投手コーチ
強い直球があるからこそ、変化球が効いてくる。

最終的な球数は85球だったとはいえ、6回は疲労が見え始めていたのかもしれません

日ハム加藤投手の課題はスタミナ?昨年の平均投球回数は5.7回

加藤投手の昨年の先発登板数は21試合でした。
投球回数は120回。
すなわち・・・

2017年 加藤投手の1試合平均投球回数は5.7イニング

てぃー
てぃー
やっぱり期待値からすると、この投球回数は物足りない。もっとできるはず!

データを見ると、5回~6回あたりが鬼門のように思えます。
日ハムのエース級投手に成長してもらわないといけませんので、
なんとかこの投球回数を伸ばせるように期待したいところです。

4月15日 対オリックス(ほっと神戸) 加藤貴之 投球結果

勝敗 名前 回数 投球数 被安打 奪三振数 四球 死球 失点
加藤 貴之 5.1 85 6 4 5

日ハムブログの登場人物 ブログ運営者:てぃー(30代男性)※ツイッター @th0m0m 日ハムファン歴:覚えている限り1992年あたりから 出身地:...

コメントを残す