大谷投手を完全分析

大谷選手のデータから見てとれるNPBとMLBの違い。球種別の被打率に注目

ー大谷投手についてー
今季投げたスプリット44球のうち、安打されたのは1球だけ。
地元記者は絶大な威力を誇るスプリットを絶賛。
「被打率0.023」という電化の宝刀に衝撃を受けている。

引用元:livedoor NEWS Full-count
みっち
みっち
ふ~ん、このニュース本当?
てぃー
てぃー
そうだね。正しくは「44打数のうち」だけどね。スプリット自体は153球投げてるね(ファイターズドットコム調べ)。

※スプリット投球一覧はこの記事の最後に貼っておきます

みっち
みっち
あっそ。そういえば大谷くん。この前こんなこと言ってたんだけど。どういう意味なわけ?

今までは身体能力まかせて投球していた部分があったけど、それではMLBで通用しないとわかった。

大谷選手のコメントより
てぃー
てぃー
そうそう。これをブログで取り上げたかったんだよね。これは球種別の被打率を日本時代と比べればよくわかるんだ。
みっち
みっち
わかった!スプリットがすごく効いてるからメジャーの人たちは落ちる球に弱いってことでしょ?!
てぃー
てぃー
それもあるんだけど、今回見たいのはちょっと違うんだ。具体的に、大きな違いはストレートの被打率にでてきているんだよね。大谷選手のコメントもこれを感じとってのことだと思う。具体的に見てみようか。

大谷選手で見るNPBとMLBの大きな違いとは

大きく差がでている大谷投手のストレート被打率

冒頭でもふれましたが、大谷投手のこのコメントがずっと気になってました。

今までは身体能力まかせて投球していた部分があったけど、それではMLBで通用しないとわかった。

大谷選手のコメントより

大谷投手がまだ日ハムに在籍している時ですが、
変化球のコントロールが定まらない場合、
ストレートを目一杯投げておけば正直なんとかなっていた節があります。

が・・それがMLBでは通用していない。ということなんですね。

そこで具体的な数字があった方がわかりやすいので、
2015年と2016年の日ハム時代のストレート被打率と、
2018年5月22日現在のMLBでのストレート被打率を見比べてみたいと思います。

ここではスプリットとフォークは同一とします。
※メジャーでは挟んで落とす球は全てスプリットと呼ぶため

スプリットの被打率の低さも目を引きますが、
大きく違ってくるのがストレートの被打率です。
被打率0.383ということは、前に飛ばされたら高い確率で安打にされている計算です。
NPB時代はストレートの被打率が0.206~0.238。
変化球に困ってもストレートをしっかり投げておけば、
割となんとかなっていた・・とも言えます。

想像通りかもしれませんが、やはりNPBとMLBでの大きな違いは速い球への対応力
これはNPBとMLBではレベルがかなり違うと言ってもいいかもしれません。
大谷投手のコメントにも納得です。

大谷投手の「空振り率」と「見逃しストライク」の率について

合わせて大谷投手の主要3球種の「空振り率」と「見逃しストライク率」について比較してみます。

空振り率については、正直そこまで大きな違いはありません。
やはりスプリットの空振り率は少々高いかな・・・という程度でしょう。

見逃し率もこれと言って大きな違いはありません。
しいて言えばストレートの見逃しストライクが多いということでしょうか。
ストレートの空振り率は若干MLBの方が低いので、ややじっくり見られていると想像できるかもしれません。
しかし、まだMLBに移籍して1年目の春。
各打者も様子を見ながら打席に立つわけで、
そう考えると見逃しストライク率がやや高いのは当然の結果といえばそこまでです。
要するに、現時点では見逃し率について「結論は無い」ということですかね。

まとめ:大谷投手のデータから見るNPBとMLBの違い

まとめ
  1. MLBではストレートの被打率がかなり高くなっている
  2. スプリットはNPB時代も有効だったが、MLBでもかなり有効

MLBはNPBと比較しても速い球には強いようですね。
予想通りとはいえ、かなり大きな差として出てきています。

心配なのは・・・
現時点ではMLBも大谷投手のデータが少ないため変化球が有効となっていますが、
データが揃ってきたときですね。

やはり投球の中心となるのはストレート。
この被打率が高いと「コースを間違ってはいけない・・」と慎重になりすぎて・・・

・ボール先行→甘い球を狙われる
・四球を連発してしまう

これが怖いですよね。
投手としての引き出しをどこまで増やすことができるのか。
もしくは、狙っても打てないストレートを追求していくのか。
どう成長していくのか今後が楽しみなところです。

しかし・・・そう考えると、大谷投手がMLBに行って良かったと思ってきました。
あのままNPBにいてもストレートで押しきれてしまうので、
投手としての成長が遅くなってしまうかもしれなかったですね。

MLBはストレートだけでは押し切れないので、しっかりと「ピッチング」をする必要がでてきます。
ファンとしてはこの成長していく姿を見るのが楽しいわけですから。

まぁ、でも贔屓チームで無双してくれるのも楽しいんですけど・・(笑)

スプリット一覧(ファイターズドットコム調べ)

最後に今シーズンのスプリット全投球を載せておきます。
内容が気になる人は参考にどうぞ。

ABOUT ME
てぃー
てぃー
物心がついた時から日本ハムファイターズのファン。 札幌移転を機に日ハムを追っかけて札幌へ6年ほど移住し、 福住周辺に住み込む。 詳細はこちらをどうぞ。 現在は埼玉県在住30代。 ネパールで野球を広めるNPO法人ラリグラスの会理事として活動中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です