近藤 健介選手

日ハム近藤選手のUZR(守備指標)は?再度見てみたいサードの守備

みっち
みっち
こんちゃんのUZR(守備指標)がいつも載ってない。みたいのに。
てぃー
てぃー
毎週ここでUZR(守備指標)ランキングを見てるけど、近藤選手はDHが多いから守備イニング数が規定に載らないんだよねぇ。

規定守備イニング数は所属チーム投球回の1/2となります。
また、UZR(守備指標)ってなんだろう?
というかたはこちらの記事で詳しく解説しています。

みっち
みっち
あっそ。じゃあ今すぐ調べて書いて。はやく。
てぃー
てぃー
まぁ、確かにみんな気になるところだよね。特に日ハムファンの人にとっては。

こんにちは、休日は自分でとったデータみてニヤニヤしている
てぃー(@th0m0m)です。

当ブログでは、投球データはスポナビを参考に独自で集計していまして、
UZR(守備指標)のデータはデルタ社が公表しているものを使用
しています。

さて、この記事に来てくださったあなたは、
日ハム近藤選手の守備に興味を持って来てくださったと思います。
ありがとうございます。

日ハムの近藤選手はとても器用なイメージがあり、
打撃もさることながら「守備」も高いレベルでどこでも守ることができる・・・

こんなイメージがあると思います。
しかしながら最近は指名打者での出場も多く、
多数のポジションを守ったり怪我で試合数が少ないシーズンもあったりと、
なかなか規定守備イニング数に乗ることができません。

そうすると、守備力が高くてもなかなか守備評価に関して書かれてる記事がない・・
ということになるんですよね。

なので、ここでは規定未満でありながらも近藤選手のUZR(守備指標)に関して、
しっかりと見ていきたいと思います。
2018年はレフトでの出場がメインですが、
なにより興味を引くのが2014年サードでの数値。これ、すごいなぁと思うんですよ

では、ここから数分おつきあいお願いします。

日ハム近藤選手の2018年レフトでのUZR(守備指標)

日ハム近藤選手は2018年、指名打者以外での出場はレフトを守ることが多いですね。
レフトのUZR(守備指標)ランキングの表に近藤選手を追加してみました。

  • ARM (送球貢献)・・捕殺数だけでなく、走者の進塁をどれだけ抑止したかを計る指標
  • DPR (併殺貢献)・・併殺が期待される状況で、どれだけ併殺を完成させたかを計る指標
  • RngR(守備範囲)・・守備範囲の広さを表す指標
  • ErrR(失策防止)・・平均的な失策発生状況と比較し、「どれだけ失策を犯したか」ということから貢献度を計った指標

近藤選手は守備イニング規定未満なので、名前の前に★をつけてあります。
そのため、あくまでも参考程度の評価となります。

しかしながら近藤選手、現在UZR(守備指標)は3.8で2位の位置にいます。
守備イニング数を揃えて評価するUZR1000は、近藤選手は13.0。
金子選手が22.3。

さすがにトップの金子選手には劣るものの、
3位の福留選手以下をしっかりと抑え、UZR・UZR1000ともに2位の数値に位置しています。

守備範囲を示すRngRの数値は4位とそこそこではありますが、
送球貢献のARMの数値が高いですね。
この数値は12球団レフトではトップの数値。

キャッチャー時はイップスで悩まされていましたが、
もともとは肩も強く、外野での送球評価は素晴らしい結果となっています。
※見ていてもキャッチャー以外の野手としての送球は良い感じですよね

結論として、レフトの守備は12球団トップクラスと見ても良いと思います。

日ハム近藤選手のサード守備について

もうひとつ気になるのが2014年のサードでの守備なんですよね。
もう4年前になりますが、この数値が素晴らしかった。
この年はわずかに規定守備イニング数に届かなかったのですが、
せっかくなので見てみたいと思います。

表は2014年サードのUZR(守備範囲)です。

これ、毎年トップクラスの数値を叩き出す松田選手よりもUZR(守備指標)の数値が良いんですよね。
規定まで約100回足らなかったため、規定外となっていますが、
UZR(守備指標)は守備イニング数が多いほど数値は上がりやすくなる特性があります。
そのため、UZR1000で守備範囲を揃えてみてみますと・・・

  • 近藤選手⇒16.1
  • 松田選手⇒7.6

断トツで近藤選手がトップに立つわけです。
特に素晴らしいのがRngR(守備範囲)の数値
もうだいぶ前のことなので鮮明には覚えていませんが、
見ていても動きがとても良かった記憶があります。

どうしても怪我しがちなのでDHや外野が多いのですが、
ファンとしてはもう一度サードの姿を見てみたいですね~
今はレアード選手がサードやってますが、
いつかは指名打者での出場が増えるか、チームを離れるでしょうし。

▼広告:週刊ベースボールがiPadで読める▼

まとめ

まとめますと・・・

  • 今年のレフトでのUZRは12球団2位の数値 ※現在規定外
  • 2014年のサードUZR数値は12球団トップの数値 ※わずかに規定外

どうしても怪我しがちなのが惜しい選手ですよね。
守備でもトップクラスのポテンシャルを持ちながらあの打撃。
まだ24歳と若いので、なんとか怪我をせずに頑張ってほしいものです。

個人的にはやっぱり、サード近藤選手が見たいなぁ・・・

ABOUT ME
てぃー
てぃー
物心がついた時から日本ハムファイターズのファン。 札幌移転を機に日ハムを追っかけて札幌へ6年ほど移住し、 福住周辺に住み込む。 詳細はこちらをどうぞ。 現在は埼玉県在住30代。 ネパールで野球を広めるNPO法人ラリグラスの会理事として活動中。